1 :THE FURYφ ★ :2020/05/22(金) 10:00:29.80 ID:POLUk2YA9.net
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で夏の甲子園大会並びに地方大会が中止になった。都道府県の高野連の判断で
独自の地方大会は開催される方向だが、センバツに続き、夏の甲子園の舞台までなくなり、球児たちは大きなショックに
包まれている。巨人OBでヤクルト、西武で監督を務めた”大御所”広岡達朗氏(88)が、そんな球児と、高校野球界へ
メッセージを送った

日本高野連が下した中止の決断に対しての広岡氏の第一声は、「新型コロナウイルスを何とか殺さない限りスポーツはできない。
会社がつぶれ、失業者が生まれている情勢では、世論の理解は得られないだろう。球児たち、特に3年生の無念の心情は
痛いほどわかるが、中止になるのは、仕方がないことだ」というものだった

たとえ無観客であっても全国から球児が甲子園に移動、最大2週間にわたって集団で宿泊することには大きな感染リスクがある。
さらに49校の代表を決める地方大会も中止になった。39県では14日に緊急事態宣言が解除、21日には大阪、兵庫、京都でも
緊急事態宣言が解除されたが、地方大会には、約3800校、約15万人の球児が参加、約250球場で開催される。地域によっては
医療体制の逼迫の影響で球場待機の医療スタッフを配備できない可能性や、夏休みの短縮により、授業が大会期間に重なり、
学業に支障が出る可能性もある。地域の公平性にも欠き中止はやむをえないだろう

ただ、3年生の救済措置として都道府県ごとの独自の地方大会開催は「自主性にお任せしたい」(高野連・八田英二会長)との
方針で認められた。高野連は、球場使用料などの経費の補助や感染予防に関する助言をしてサポートするが、「こうして欲しい、
こうして欲しくないとは言わない」(八田会長)と、問題が起きたときの責任は、各地方の高野連に押し付けた

「ようするに上に立つ人間(高野連)が中止を決めたものの、そのフォローなど、何をやっていいのかわからんのだろう。誰も責任を
取ろうとしない。この姿勢はいかがなものか」

広岡氏も、高野連の決断は支持したものの、まだ「終わっていない夏」に対する高野連の姿勢は問題視した。
その上で、春のセンバツに続き、夏の甲子園もなくなり絶望にくれる球児たちにこんなメッセージを送った

「高校生、高校野球の本質とは何か。学びだ。今回は、その本質について向かい合い、真剣に考えるチャンスではないか。
これからの人生の方が長いのだ。甲子園が人生のすべてではない。選手たちは、つらいだろうが、気持ちを切り替えることだ。
このピンチは、これから先の自分の人生を考えるチャンスである。逆境を乗り越えることで精神的に強く立派になれる。
今こそ勉強をすればいい。甲子園に出るためだけに私立の学校へ越境入学してきた選手も少なくないだろう。彼らは、今後、
大学、社会人、もしくはプロへ進むのかもしれない。どの道へ進むにしろ、野球バカではいかん。勉学が大切になってくる。
その機会を得たと考えればいい。そして、その今すべきことは何か、大切なものは何かを監督、コーチ、部長先生ら、
高校野球の指導者がしっかりと教えること。高野連は、その責任を曖昧にしているが、指導者には、子供たちに、その道筋を
しっかりと示す責任がある」

甲子園至上主義へのアンチテーゼを含んだ主張だ。 
広岡氏も、呉三津田高校時代、西中国大会の決勝に進出したが、自らのエラーもあって山口の柳井高校に逆転負けして
甲子園の土は踏めなかった。その悔しさから勉学に励んで早大へ進みプロへの道を切り開いてきたという経験がある

「プロを目指す選手は不安なのかもしれないが、甲子園がなくともプロのスカウトはちゃんと素材を見ている。昔からそうだった。
まして情報網の発達している現代ならなおさらだ。古い話で恐縮だが、稲尾も甲子園に出ずに大投手になった。プロで成功する
条件は甲子園ではない。出たいと頑張った努力なのだ」

広岡氏が例に出したのは「鉄腕」と評された276勝のレジェンド、故・稲尾和久氏。大分県立別府緑丘高校時代には
甲子園出場機会はなく、まったくの無名だったが、1956年に西鉄ライオンズに入団し、高卒3年目の1958年には33勝し、
巨人との日本シリーズでは、7試合中6試合に登板して4試合に完投し、「神様、仏様、稲尾様」と呼ばれるまでの名投手となった

「甲子園の代替案のアイデアは浮かばないが、苦難を乗り越えれば何かを得る」
こんな状況だからこそ、プロ野球界の大御所、先人の言葉に耳を傾ける必要があるのかもしれない

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200522-00010000-wordleafs-base


>>1
全部読んだけどいいこと言うね

>>1
正論やな

>>1
焼きチョン困惑

>>1
今はそっとしといてあげろよ
家族亡くした直後の人に、元気出せ、あなただけじゃない、とか言っちゃいかんのと同じで

>>1
さすが広岡さんだわ
6 :名無しさん@恐縮です:2020/05/22(金) 10:04:08.43 ID:WFMQSttL0.net
プロのスカウトはちゃんと素材を見ている?
練習すら出来ないのに?


>>6
1、2年生の時には間違いなくチェックしてるし、中学のリトルリーグの時から見られてる選手もいるよ
3年でいきなり急成長したらわからんけど、そんなの滅多に居ないし
7 :名無しさん@恐縮です:2020/05/22(金) 10:04:19.18 ID:GVwODE5o0.net
野球で食える

って変な宗教じみた洗脳から解いてあげるのも教育者の仕事


>>7
世の中舐めてるから、暴力団賭博や覚醒剤で逮捕されてるの多いやん

>>7
野球で食えてたけど食いっぱぐれちまったヤツのほうが後々厳しいけどな
9 :名無しさん@恐縮です:2020/05/22(金) 10:04:39.93 ID:3Z5SwPla0.net
それよりコソコソ練習してた高校がせこすぎて引くわ


>>9
インチキすれすれの手を使ってでも勝てばいいっていうクソ指導者いるよなあ
26 :名無しさん@恐縮です:2020/05/22(金) 10:12:43 ID:RJxpHfIR0.net
ユーチューバーやプロゲーマーになるから勉強しなくていいなんて言う奴は漏れなくキチガイ扱いされる
でもこれが野球だとそういう道もあるよなと理解を示す馬鹿が少なくない
行き過ぎたスポーツ信仰から目を覚ますいい機会なんじゃないか


>>26>>27
「勉強したくないし大嫌いだからスポーツやってんだよ」「毎日何もせずにボーっと生きてる連中よりマシだろ」「教師やリーマンとかクソださいし絶対なりたくないわ」って言ってた運動部を思い出した
124 :名無しさん@恐縮です:2020/05/22(金) 10:49:50 ID:WB08bzl60.net
勉強っても…
この段階でどうこうなるレヴェルじゃねーだろwww


>>124
算数から始めればいいよ
いい機会だよ

>>124
今からでも高卒ハングレ人生がGラン合格くらいにはなれるんじゃないか

>>124
余裕だろ
同級生の下から数えたほうが早かったアホは引退してから勉強はじめて早稲田の人科入ったしな
高校も普通の中堅進学校で部活も県でベスト4とか8レベルだったけど
128 :名無しさん@恐縮です:2020/05/22(金) 10:50:51 ID:zwA9hUOz0.net
うちの従兄弟は投手で甲子園いったから注目されて推薦で大学行った
うちに来てくれるなら一緒に捕手も推薦でとってもいいということで捕手の子も推薦で進学した
大学で肘壊して野球部はやめたけど就職は野球部OBのいる大手企業を紹介してもらって就職
甲子園いくかどうかで人生まったく違うんだよなあ


>>128
県代表になると、就職に有利だね。

>>1
これからはプロ野球がコロナで低迷しても
地方創生や地産地消化が重要になるから、
甲子園を沸かせた吉田投手などは農業高校出身だから
秋田米プロモーションなどで重要な役割を果たすことになる。

野球選手はグラウンドの外で地域振興に関わっていくといい。
メジャーリーグや台湾韓国の選手と競い合うことよりずっと重要。

国外よりも国内。県内に目を向ける時代。
142 :名無しさん@恐縮です:2020/05/22(金) 10:56:12.45 ID:vHx+YvNs0.net
なんか根本から部活否定してるやついるけど就職とか出世とか結婚とかその後の人生見てみたらスポーツ系の部活やってたやつのほうがうまくいってる気がするけどな
データとかはねーけど


>>142
えー逆なんですけど
ろくでもないのばっかりだよ
143 :名無しさん@恐縮です:2020/05/22(金) 10:56:12.71 ID:pgdBWxGM0.net
あれかな
頑張って東大現役合格目指してたのに
「今年は東大の試験は中止になりました」ってぐらいショック?


>>143
学生運動で東大入試が中止になった年がある
その年の一橋に東大クラスが流れ込んだ
それでやむなく一橋に進んだ一人が竹中平蔵
285 :名無しさん@恐縮です:2020/05/22(金) 11:25:58 ID:Xhclup630.net
〜〜だけじゃないって言われても、高校生にとって部活は青春だからな。
大人のこの言葉は残酷だよな


>>285
普通の公立学校言ったら悪いが弱小校は上手くなるのは二の次で部活を借りて将来社会に出て立派な人間になるための教育の場だと指導してるからそうでもない
408 :名無しさん@恐縮です:2020/05/22(金) 12:01:19 ID:rYge8aYs0.net
がんばれタブチくん!のイメージしかないけど
まだご存命だったのね…


>>408
関根さんも亡くなったからメディアに顔出す大物OBの中じゃ杉下さんに次ぐ高齢者になった
マイナーな人だと沢村栄治より年長の存命者もいるみたいだけど
571 :名無しさん@恐縮です:2020/05/22(金) 13:38:04 ID:GYPGuReL0.net
張本もだが、じいさん連中の方が結構冷静だよね


>>571
もう老い先短いから冷静に【野球】っていうものを見つめられるんじゃないかな

>>571
人生を俯瞰して見れる年齢の、しかもレジェンドレベルの成功者から何言われてもちっとも響かんと思うよ。
まあ甘えるなと思ってくれる人は必要だけどさ

もっと身近な母ちゃんとかが、同情して泣くなり怒鳴りつけるなりしないと無気力症候群からは脱け出すことができないと思うわ
661 :名無しさん@恐縮です:2020/05/22(金) 15:05:30 ID:wQSVZNxz0.net
金田正一
「今の投手は全然走らんね、ランニングなど意味がないとばかりに上半身ばかり
筋トレで鍛えてる。野球特に投手は片腕だけ使う、体が歪んでくるんだ。
歪むとバランスが崩れてくる、コントロールも球威も落ちてくる、一番こわいのは故障だ。
 走る姿を見てみな、足だけ使ってようだが腕がふれてる姿勢が元に戻るだ。
疲労回復には登板後に走るのが一番効く、試合後に球場に車を置いて宿舎や
中目黒の自宅までランニングして帰ったこともある。
腕だけ使ってると動く範囲が広がってフォームも固まらんしコントロールがわるくなる。
下半身でためを作って、上半身の無駄な動きを避ける。ランニングはいいことずくめだ
大投手で大きな怪我が無く長きにわたって活躍した投手は間違いなく走って走って走りまくってたな。
逆に一時的に爆発的に活躍したが故障で短命な選手っていうのはランニング嫌いが多かったな。」


>>661
ゴルフやり始めてからゴルフスイングはバッティングじゃなくてピッチングなんだと思った
670 :名無しさん@恐縮です:2020/05/22(金) 15:21:01 ID:bjbDypRY0.net
ミスター長嶋は大学時代theをずっとテヘって読み続けるぐらいの英語力だったみたいだ


>>670
肉離れを「ミート・グッドバイ」と英訳(?)した人だからなw
ちなみに一茂はtheを「トヘ」と読んでいた模様
680 :名無しさん@恐縮です:2020/05/22(金) 15:38:16 ID:PmUGpPN80.net
甲子園に本気で出たいと思ってる球児は全体の1割もいないよ
今年こそ地方大会の3回戦進出だ
とか殆んどはそんなノリだよ


>>680
仁志がいた常総学院の監督が、甲子園で立浪野村らのPLと対戦した時に、
試合前から「お前ら帰る準備しとけ」とか言ってたらしい
当時のPLがずば抜けてたとしても、そういう監督もいるんだなと思った
692 :名無しさん@恐縮です:2020/05/22(金) 15:54:14 ID:4bBIKeXU0.net
まあ現実としてほとんどの人は高校で野球が終わるからな
甲子園というか高校野球は野球人にとっての最大のイベントだろ


>>692
大半の地方大会で負ける様な野球部の奴等や強豪校でも補欠の子は高校の最高の思い出は修学旅行だよ
728 :名無しさん@恐縮です:2020/05/22(金) 17:31:00 ID:Aq6W/rJR0.net
ただ体育会系ノリが残ってるデカイ企業だとやっぱ全国レベルの高校スポーツやってた奴って強いんだよな
メンタルがまず違うというか企業戦士としてそりゃ重宝それるわと思う精神してる


>>728
それ高校じゃなくて大学のボート部とかラグビー部だよ
778 :名無しさん@恐縮です:2020/05/22(金) 21:07:46 ID:3B64ryBP0.net
玄米を食べてるのに、なんで痛風なの?


>>778
酒好き
擁護する訳じゃないけど遺伝の要素も多分にあるよ
832 :名無しさん@恐縮です:2020/05/23(土) 00:53:27 ID:/mu1xDxW0.net
小学校の卒業アルバムに「野球命」と書いた平山修一くん(笑)は今どうしているのかな。


>>832
野球選手で妄想してシコっているんじゃないかな